スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  iQué pedo!  -  2006.04.02.Sun / 01:28 
mixiを見ていて驚いたんですが、スペインではun pedazoのpedazoはpedo(おなら)のaumentativo(増大辞)と捉えられるので下品だ・・という話。今までラテンアメリカに住んでいてun pedazo(断片・一部・部分など) とかun pedazo de~と普通に使うし、そんな指摘をされたことはなかったし気がつかなかった。

と、言うのもメキシコではun pedazoよりun cacho(un cachito)を使うのが一般的であるということと、pedoの増大辞はpedazoではなくpedoteを使うので気がつかなかった訳です。
どの増大辞・縮小辞を使うかと言うのは地域によって違うし、そのニュアンスもちがったりとけっこうややこしいし、初心者にはそもそもその原型が何だったのかすらわからなくなると言うのもあってなかなか奥が深かったりします。


例えば中級スペイン文法によると縮小辞の場合-itoカスティーリャ地方を中心にスペイン語圏で一般的、 –illo アンダルシア、–icoアラゴン 、–ín アストゥリアス、–iñoガリシアで好まれて使われるとのこと。
でも、例えばメキシコでchicoの縮小辞としてchiqito ,chiquillo, chiquitín, chiquiñoと-ico以外は使うし、聞いたことがあることからしても必ずしも地域差だけではなく、そこには「ニュアンス」というこれまた外国人には難しい問題があったりします。

・・と。
今回は縮小辞と増大辞のお話ではなくて、pedoのお話。
pedoは「おなら」だけど、他の意味として「酔っ払い・酔っ払った」の意味もあるのです。
これはメキシコだけじゃなくて広い範囲で使われているようです。
以前メキシコではやたらpedoを使う話を書きましたが、メキシコでは挨拶に¿Qué pedo?といったりするし(下品だけど)、pedoにはproblema,dificultadと言う意味もあるので、No hay problemaと言うところをNo hay pedo.と言ったりします。(ただしこれも下品ではあります)

で。
酔っ払い・酔っ払った=borrachoのメキシコスラングにfumigadoと言うのがあります。
fumigadoはfumigarからなのですが、fumigarの意味は辞書には「燻蒸する 燻蒸消毒する」とあります。一般的には要するに除虫するために燻すといった感じで、日本で言うならシロアリ駆除のようなものにたいして使う事が多いのです。
Está pedoより Está fumigadoのほうがより酔っ払い度が高いというニュアンスがあるようですが、どちらも良く使われます。

さて。
一方ドミニカ共和国ではなんと言うか。
jumo=borrachera, jumado=borrachoと言うのがドミニカ共和国のスラングです。
ドミニカ共和国のスペイン語の大きな特徴としてHを使うべきところにJを使うというのがあります。例えばhambre=jambre, harto=jartoなのです。
なので、jumo=humo・・つまり煙なわけです。

と、言うことは!メキシコもドミニカ共和国も表現方法は違うものの「酔っ払う」と言う状態に「煙」という発想があるわけなんですよね。
これって、おもしろいなぁ・・と思ったのだけど、そんなことを面白いと思うのは私だけかもしれない・・。

あなたの「ぽちっ」をお待ちしています。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術
from 亀

うっそ~~!と叫んでしまいました。
pedazoがpedoの増大詞?
それ、スペインではそういう「誤解」が流通してる、ってことですか?
だって、私の手持ちの辞書見ても、pedazoの語源はラテン語pittacium「羊皮紙の小片、絆創膏」ってあって、
おならとは関係ないようですよ~?

スペイン人、変なの~~。
そんでcogerなんて「お下品」な単語平気で使うくせに~(笑。
とハナクソがメクソを笑ってみました。

まあでも、そんな誤解を解いてみたって、
どう考えてもメキシコ人(ラテンアメリカ人)のスペイン語が上品とは言えないので、
あんまり関係ないか(笑。

にしてもchamoyさんの知識には、在墨11年の私でもびっくり脱帽です~。

2006.04.03.Mon / 00:00 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy(管理人)

そう!私も「えっー、スペインじゃpedazoって巨大おならってことになるの??」とびっくりしました。
スペイン語やっていながらスペインのスペイン語に疎いので^^;実際のところどうなのかイマイチ確証はないのですが、でも、そのお話を書き込んでいた方はアルゼンチンでスペイン語を覚えたそうで、スペイン人にpedazoは下品だって言われちゃったんだそうです。

そうそう。
メキシコもかなりお下品だし、人のこと(スペインのこと)言えないのだけど、でも、個人的にはスペインのほうがより下品さに迫力があるような・・なんていったら怒られる^^;でも、2年間のドミニカ共和国暮らしでcogerはすっかり身についてしまいましたぁー。かなり便利な単語なんですが、メキシコでもつい、ぽろっと言いそうになるので気をつけてます。

>にしてもchamoyさんの知識には、在墨11年の私でもびっくり脱帽です~。
↑いえいえ^^ただ、マニアなだけなんです。
亀さんこそ、幅広いジャンルにおいて博識ですよね・・と褒めあい。でも、本当に亀さんのブログもいろんな話題がいっぱいで興味深いです!

2006.04.03.Mon / 00:37 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from danpeii

いやいや、スペインは絶対的に下品。誰も怒らないはずです。(しかし、今回は大変勉強になりました。うそや!!っと思わず唸らされてしまいましたが、説得力一杯。感動。)

2006.04.03.Mon / 01:32 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy(管理人)

danpeiiさん
>いやいや、スペインは絶対的に下品。誰も怒らないはずです。
↑やっぱりそう思います??・・なんて言うとスペインのスペイン語が一番!と言う方からクレーム来そうですが。ま、メキシコのスペイン語も「田舎もんっぽい」と言われ、ドミニカ共和国にいたっては「論外」(爆)と言われそうですが^^;。
まあ、同じ日本人で同じスペイン語と言っても好みはいろいろですよね。

2006.04.03.Mon / 23:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from dimelo

毎度!遊びに来ました。今回も一味も二味も違うスペイン語を楽しく読ませてもらいました。
さてpedazoの件ですが、私は一応スペインでスペイン語を学んだ者ですが(正確にはアンダルーなんですが・・・)、そういう使い方は聞いたことがないです。“un pedazo de~”は「すごい~、途方もない~」というような意味で使われ、確かに“un pedazo de pedo”はあります。ただpedazoだけでは・・・今回初耳でした。
あと、酔っ払うはスペインにも腐るほど言い方があります。今思い出す限りでは“coger un pedo/una mona”等がありますが、煙と関係したのは思い浮かばないです。でも、確かに煙を吸うとラリッたようになるので大いに関係あり!かもしれませんね。
また遊びに来ま~す。

2006.04.06.Thu / 22:56 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy(管理人)

dimeloさん
お!いらっしゃいませ!
スペインのスペイン語にお詳しいdimeloさんが聞いたことがない・・と、言うことはやっぱりスペインでもdepazoがpedoの増大辞である・・と言うのは一般的ではない・・と言うことですね。
でも、「“un pedazo de~”は「すごい~、途方もない~」というような意味で使われ」・・・と、言うことはやっぱり一般的なpedazoとは意味が逆なんですねー!!
ラテンアメリカではun pedazo de~は「少しの~」と言った意味で何かの断片や一部を指すときに使いますからね。う~ん、と、言うことはやっぱりスペインとラテンアメリカでのun pedazo de ~は誤解を生じる表現ではありますね。
勉強になりました<(_ _)>

2006.04.08.Sat / 10:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from amikajpn

こんにちは。初めてお邪魔します。
スペインに結構長くいましたが、pedazo を pedo と結びつけた事は一度もなかったです。ごく普通に使ってる気がしますよ、スペイン人も…un pedazo de carne とか…で小さめの肉になると un pedacito de carne…(笑)
cacho, cachito もほぼ同じように(?)使います。
¿Qué pedo? が挨拶になるってのは楽しいですね。「二日酔い、どんな具合?」って感じからでしょうか???

2006.04.09.Sun / 13:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy(管理人)

amikajpnさん
いらっしゃいませ^^
私もpedoとpedazoを結び付けて考えたことがまったくなかったので、この話を聞いた(読んだ)時はびっくりしたのですが、dimeloさんやamikajpnさんのようにスペインのスペイン語に詳しい方も聞いたことがない・・と、言うことはスペインでも一般的ではない・・ということなんでしょうね。
cachoはpedazoとほぼ同じ意味なのですが、若干スペインとメキシコでは用法が違うようです。

私の場合、スペイン語が出来るといっても、スペインのスペイン語は全然ダメなので、またいろいろ教えてください。またのお越しをお待ちしています。

2006.04.09.Sun / 20:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from Teru

こんにちわ。初めて拝見させていただきました。
僕はアリゾナでスペイン語を勉強しているのですが、Pedoをよく耳にしていたので、メキシコ人の友達にPedoって何?ってきいても酔ったって意味しか教えてもらいませんでした。おならっていみがあったことに驚いています。

それと、No hay problemaっていったら友達にNo hay pedoやって直されました。笑

2009.01.25.Sun / 13:51 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 お気に召しましたら・・ 

 カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 掲示板 

 プルダウンリスト 

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 NAVI 

 お勧め書籍など 





 NOTICIAS 

 EL PAÍS 

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 A TODO DAR All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。