スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  一字違いでえらい違い  -  2006.01.03.Tue / 13:36 
新年あけましておめでとうございます。今年もこのブログをどうぞよろしくおねがいします。

さて。今年初めてのエントリー・・・と、言うことで新年ネタを。

多くの方のブログにFELIZ AÑO NUEVOとありましたが、もちろんこれは「新年おめでとう」の意味。このブログを見てくださっている方々のほとんどはご存知かと思いますが。

でも、何人かの方はFELIZ ANO NUEVOと書いている方もいました。
ブログもスペイン語表記に対応していないのもあるので、Ñが表記できないからANOにされたんだと思いますが、でも・・

AÑOは「年」だけど、

ANOは・・・・

肛門

なので、FELIZ ANO NUEVOと書くと「新しい肛門おめでとう」になってしまいます・・。

ちなみにポルトガル語だとANO=AÑOなので、スペイン語表記ができない場合、苦し紛れにFELIZ ANO NOVOとポルトガル語にしてしまう・・という手もあるかもしれない。

ま、スペイン語に限らず一字ちがうだけで全然意味が変わってしまうことはよくあると思う。
日本語にしても濁音や半濁音があるので、一字というより半分(?)ちがうだけで全然意味が変わってしまうこともある。

以前日本語の授業でのこと。
前回に「(主語)は(場所)で(目的語)を(動詞)」例えば「田中さんはデパートでくつを買いました」という文型を教えていたとき。
この文型で自分で文章を考えなさいと言う宿題をだした。

で。
生徒(メキシコ人)の書いてきた文章は・・・

「彼は庭で腹を切りました」

私の視線、釘付け。確かに文型としては合っている。

でも、「腹」なんて単語、教えてないのに。
不思議に思った私は一応この文章をスペイン語に訳して「ハラキリなわけ?」と生徒に聞いてみた。

そしたら、生徒は一瞬「きょとん」としてから大爆笑。

「私が書きたかったのは「彼は庭でバラを切りました」です」

「腹」と「バラ」 う~む。点々があるかないか。

一字違いでもえらい違いです。

あなたの「ぽちっ」をお待ちしています

スポンサーサイト
テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術
from luna

chamoyさんにあやかって今年は少しでもわたしのいいかげんスペイン語が改善されるようがんばります。
ところで新しいHPにはどうやって行ったらいいんでしょうか?(まだわかってない)

日本語教えてるとこうしたアクシデントって数かぎりなく出てきますよね。

「今日はいい天気ですね。」

「今日はいい便器ですね。」と言う生徒がいたり。

動詞を先に出す癖のあるゴルドな生徒がいて、何度注意しても、「先生、わたししたいです」


と言うので、しまいにゃ、「あなたとはしたくありません。」とこたえていました。(笑)

わたしもよく発音が違ってとんでもないこと言ってたみたいだけど・・・

わたし、熱心な読者になりますので、これからもよろしくおねがいします。

2006.01.05.Thu / 01:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy

ホント、日本語教えていると突拍子もない間違いが続発。でも、私たちがスペイン語はなしているときも実はけっこうあるんでしょうね。そう、なぜかメキシコ人って天気を便器って言う人なんかいるんですよね~。なんでだろう?ドミニカ人は天気のこと電気っていい間違える人が多いんですが、ま、これはそれほどショッキング(?)ではないですが。

あ、新しいHPですが、lunaさんの日記のコメントのことろに(chamoy・H)ってでてますよね。あのHのことろから飛べるはずです。
すみません、アドレス書かずに。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします^^

2006.01.05.Thu / 10:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from Gabby

非常に大きいということですね、スペイン語でも日本語でも。。
でも笑っちゃった、「腹を切りました。」凄い文だ。。

私も今年は、もう少しスペイン語も勉強しなおしたいです。。

2006.01.06.Fri / 10:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from chamoy

Gabbyさんとは逆でポルトガル語をやりたいです。
スペイン語に似すぎていて逆に本腰を入れて勉強することができないままなんですが・・。でも、スペイン語圏ではなかなか教えているところがないんですよね~。

2006.01.07.Sat / 13:40 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 
【解説】 スペイン語スペイン語またはカスティリャ語は世界で約3億5千万人の人々によって日常的に話されている言語で、中南米における国際共通語である。インド・ヨーロッパ語族イタ
2006.01.07.Sat .No3 / 言語別辞書集 / PAGE TOP△

 お気に召しましたら・・ 

 カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 掲示板 

 プルダウンリスト 

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 NAVI 

 お勧め書籍など 





 NOTICIAS 

 EL PAÍS 

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 A TODO DAR All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。