スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  CHICANOS  -  2005.09.20.Tue / 21:53 
The Dictionary of Chicano Spanish/El Diccionario Del Espanol Chicano
←こんなの見つけました。

CHICANOとはひらたく言うとメキシコ系アメリカ人のことです。
今やアメリカの全人口の7人に一人はヒスパニックなんだとか。
そのヒスパニックの中で、間違いなく一番大きい集団はCHICANOSでしょう。アメリカの地域によってはアングロサクソンのほうがマイノリティーになっているところがある。ロスなんかその典型だと思う。
実際メキシコ系の市長が誕生しているわけだし。
ただ、不法滞在の市民が多いので投票できるヒスパニックと言うのは実際はかなり割り引かれてしまうようですが。

いずれにしても、今やアメリカ合衆国においてヒスパニック
はマイノリティーではなく、マジョリティーになりつつあるとはいえると思う。

ずいぶん前の話だけど、テキサスのある街に行ったときの話。
当時はスペイン語はほんの少し単語を知っている程度だったわたし。
バスに乗ったとき、そのバスの行き先があっているのかと、あと目的地についたら教えてください・・って言おうと思ってバスの運転手に話しかけたら、なんと運転手は英語ができなかった。市バスですよ!市バス!市バスの運転手が英語ができない・・いくらヒスパニックが多い街とはいえ、これには驚きました。と、同時にこの国(アメリカ合衆国)は確実にスペイン語を容認する方向に向かっていくんだろうな・・と思ったのでした。

話はCHICANOSに戻って。
彼らは独特の「スペイン語」を話します。そして、そのスペイン語がさらに英語や本国(メキシコ)のスペイン語と融合したり、影響を与えたり・・・。なかなか面白いのですが、今のところそこまで手を広げられないので、もう少し余裕が出たらCHICANOSのスペイン語もいろいろ調べてみたいと思ってます。そのときはこの辞書買おうかな。お手ごろ価格だし。
それに、CHICANOSは独特のアートを創りあげているので、日本でも最近注目を集めているし。音楽シーンでの活躍も勢いがあるし。

いやぁー、スペイン語圏はますます広がっていきそうだなー。
スポンサーサイト
テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 お気に召しましたら・・ 

 カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 掲示板 

 プルダウンリスト 

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 NAVI 

 お勧め書籍など 





 NOTICIAS 

 EL PAÍS 

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 A TODO DAR All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。