PELICURAS 映画 の記事一覧 
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  トイレをなんと呼ぶか?  -  2007.01.08.Mon / 11:13 
Volver
Volver


昨日、Pedro Almodovar監督の最新作でPenelope Cruz主演のVOLVERを観ました。ラ米スペイン語の私にはスペインのスペイン語は新鮮に聞こえるのですが、同時に「?」なこともよくあります。
でも、今回はほとんど抵抗なく(?)理解できたのですが、ひとつ、気になる単語がありました。

それは・・

lavabo

映画の中で何回かこの単語が出てきたのですが、lavabo=洗面所・化粧室・トイレ・・と言った意味で使われていたのですが、ラ米・・と、言うかメキシコ・ドミニカ共和国ではlavaboをこのような意味で使うことは非常に稀だと思います。ラ米だと、単に「洗面台」と言う意味になると思います。一応メキシコ人の相方に聞いてみましたが、私の解釈と同じでした。

細かいことですが、こういうちょっとした違いってけっこうあるのですよね。例えば、「浴槽」もメキシコだとtinaが一般的ですが、ドミニカ共和国だとbañeraだったりします。その違いが通じることもあれば、まったく通じないこともあったり・・。

でも、「トイレ」って重要単語ですよね(笑)。海外に行って、たとえその言語がまったく出来なくても、とりあえず最初に覚えるのは「トイレはどこですか?」だと思うのです。
私もかなり以前にスペインに行った時、当時まったくスペイン語は出来ませんでしたが、数少ないスペイン語ボキャブラリーのひとつがやっぱり「トイレ」だったのですが、その時使っていた単語はservicioでしたが、これまた、非常にスペイン的スペイン語ですね。メキシコやドミニカ共和国ではservicioをトイレと言う意味では使いません。(←少なくとも私の知る範囲では)通常bañoです。

さて。
映画の方ですが、途中までちょっと淡々としていているなぁ・・と思っていたのですが、後半、謎・・と言うかつながりがわかってくると一気にAlmodovarの世界に引き込まれた感じです。

映画を観るって、かなりの時間その言語にどっぷり浸かることになるし、映像が理解を助けてくれるので言語学習を楽しめる方法のひとつですよね。このブログでもスペイン語圏の映画をご紹介していきたいと思います。

あなたの「ぽちっ」をお待ちしています。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術
| BLOG TOP |

 お気に召しましたら・・ 

 カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 掲示板 

 プルダウンリスト 

 全記事(数)表示 

全タイトルを表示

 NAVI 

 お勧め書籍など 





 NOTICIAS 

 EL PAÍS 

 ブロとも申請フォーム 


CopyRight 2006 A TODO DAR All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。